シワは注射で秒速解決ができます!|肌のハリを取り戻す施術

肌を美しくすることが目的

2人の女医

病気やけがの治療ではない

美容皮膚科の目的はきれいな肌を作ることです。一方病院にある皮膚科の目的は、病気やけがによって傷ついた皮膚を正常な状態に戻すことです。双方の大きな違いは健康保険の適用可否です。病気やケガを治療することが目的の病院の皮膚科では健康保険が適用になりますが、美容皮膚科ではほとんどの場合自費となり健康保険対象外となります。きれいな肌を目指す目的は様々です。ニキビ跡の治療やシミの改善、たるみなどが一般的です。ほかにも二重瞼にしたり小顔にしたりする美容整形も行っている美容皮膚科もあります。しかし整形外科ではありませんので本格的な整形施術は行っていないところがほとんどです。顔の一部などに限定されるのが特徴です。

医療機関に分類される

美容皮膚科は医療機関です。そのためエステで扱うことのできない薬剤などを使用することも認められています。ヒアルロン酸の注入施術やレーザー照射によるしわやシミの改善施術、ニキビ改善の手術や美白効果のある美容点滴などです。エステでは少しずつ効果を確かめながら長期間かけて施術するのに比較して美容皮膚科は短期間で効果ができるように施術します。そのため一回の治療でそれなりの効果を得ることもできます。しかし施術後のケアもしっかりと行う必要があるため、求める理想像になるまではケアを含めて半年程度かかる場合もあります。コンプレックスは人によって様々です。病院の皮膚科や美容皮膚科、整形外科など様々な医療機関がありますので、まずは相談することで道は開けます。